家具を作ったり揃えたりして快適な毎日にする

照明器具のタイプ

LED照明器具を利用するには

LED照明器具は発光ダイオードを利用した照明器具のことで、省エネルギーかつ長寿命で近年になって急速に普及が進んできた照明器具です。これはLEDの発色に青色が加わったことで、色の三原色である、赤、緑、青が出揃い、すべての色の光線を出すことができるようになったことと、省エネルギーの政策が取られ普及が促されたことが大きく影響しています。現在のLED照明器具は一般家庭にも広く使用されるようになっており、また屋外に使用される照明器具の代わりとしても広く使われています。一般にLED照明器具を取り付ける場合には専用の照明器具を購入するか、電球や蛍光灯といったものの代替品として使うものがあります。特にソケットに差し込むタイプでは効果的に電気使用量を減らすことができます。

水銀灯に代わる照明器具として

LED照明器具の代替として使われるものとして水銀灯があります。水銀灯は、ガラス管内に水銀蒸気を封じ込め、そこにアーク放電することで光源を得るというものです。高圧と低圧の水銀灯がありますが、一般には水銀灯というと高圧のものを指しています。水銀灯は、その光量の多さから明かりが必要とされる分野で使われ、特に大型化が簡単であることから、街灯やホール、体育館といった施設内を照らす装置として主に使われています。しかし、水銀灯は水銀を使用しているため、破損時の危険が多く、また電気消費量も多く従来の白熱球と異なり、すぐに点灯と消灯を繰り返すといったことができません。また発熱量も多いという欠点があります。そのため、近年では電気消費量が少なく、発熱量が少ないLED照明器具が代替品として広く使われるようになっています。

Copyright (c) 2015 家具を作ったり揃えたりして快適な毎日にする all reserved.